「いなくなりたい」と思うことだってある

「死ななくてよかった」と言った男女画像1
連日、座間市であった惨殺事件の報道が、TVで朝から夜中まで流れています。

最近は、小学校や中学校の保護者会からのご依頼で講演する機会が多くなり、保護者の役員の方とよくその話題になります。

「気持ち悪いです」

「不気味です」

口々にそう言われます。



確かに、私も同じような感想を持ちました。

私が消防士時代、いくら救急現場の場数を踏んだからと言って大きな裂傷や、挫滅創を見ることに、まったく平気にはなれませんでした。

人の身体を自ら切り刻むことができる神経は、たしかに理解をはるかに越えています。

しかし私は、そのことだけではなく、亡くなった人の命のことを考えると激しい怒りを感じます。

「死にたい」

その言葉を口にする人もたくさんいて、それぞれ理由・原因・動機も違っていると思います。

10代の頃には、少なからず死への憧れや、自殺を美化する感情もあるとは思います。

自分自身で処理しきれないほどの苦しみや寂しさを抱えて、

「いなくなりたい」

と思うことだってあるかもしれません。

痛いのは嫌だ。汚い死に方は嫌だ。ポンと楽に死にたい。

そんなふうに思う人も多いのかもしれません。

死ななくてよかった!

「死ななくてよかった」と言った男女画像2
中学生や高校生に、命のスゴサ、生きようとする力のスゴサを、消防現場のエピソードを交えてなんとか伝えようという思いで講演をしています。

それでもあまりショックを与えてはいけないと思い、具体的な描写はしないようにしています。

今までは「自殺」についても、あまり多く話さなかったのですが、こんな事件があったので、あえてしっかりと伝えたいと思うようになりました。

私が出動した数多くの自損行為は、首吊りや、リストカット、飛び降り、入水、列車の飛び込み、服毒、睡眠薬の過剰摂取、その他にも文字にすると読んだ人に強烈なショックを与えそうな方法の自殺もありました。

きれいで楽そうな死に方なんてありませんでした。



ずいぶん前に、自動車の排ガス自殺をしようとした男女がいました。

通行人の通報が早くて、どちらも助かりました。

意識のあった女性は、意識を失った男性にしがみついて泣いていましたが、朦朧としていたものの男性が意識を取り戻しました。

女性は、号泣しながら男性の身体を抱きしめてくり返し言っていました。

「よかった! 本当によかった! 死ななくてよかった!」



よく言われるように、自殺をしようとして一命をとりとめた人の多くが、「どうして死のうと思ったんだろう」と後悔し、生きていられることの幸運を口にされているようです。

私の友人の自殺未遂経験者も、

「自殺して自分を殺そうなんて気持ちではなかった。
生きなおしてもっとよりよく生きたいと思った」

と言っていました。

そんな人達を救急隊員や救助隊員が必死に助けようとしているに、あの犯人は、一過性の自殺願望や、話を聞いてもらいたかっただけの人の未来さえも奪ったんです。

「君は大切な存在なんだ」

「死ななくてよかった」と言った男女画像3

ロープを切り、下におろして横たえた遺体にとりすがって泣きじゃくる家族の姿を、何度も見てきました。

呼吸をしなくなった家族に、呼びかけ、叫び、身体を揺さぶっている様子は、救急隊員も自分の心臓をもつかんで揺さぶられているような気持ちにさえなりました。

本当は、お互いが宝物のような存在なはずです。

その人ではなければわからない苦しさや悩みがあったのだろうと思います。

苦しくて大切な存在のことも見えなくなったのかもしれません。

寂しさや生きづらさを抱えている人はたくさんいます。

誰かに話を聞いてもらいたいと思っても、共感してくれる人がいない人もいます。

家族と一緒に暮らしていても、子どもの話を聞いてあげない親もいます。

子どもの悩みを、「馬鹿げたことを」と取り合わない親もいます。

自分自身が思春期の頃は、ほっぺたにできたニキビひとつにも劣等感をもっていたことを思い出さない親もいます。

日本財団自殺意識調査2017の中に、「自殺の抑制要因(自殺のリスクを抑える要因)」についての記述がありました。

・家族に居場所がある
 (家族の中での「自己有用感」が高い)

・人間同士は理解や共感ができると考えている
 (「共感力」がある)

事件の全容はまだ明らかにはなっていませんが、「生きている意味がない」と父親に話したくらいですから、白石容疑者自身、自己有用感を失っていたことは間違いありません。

父親がどう関わってきたのかもまだ明らかではありませんが、私自身、親として考えさせられる部分もあります。


大切な人に、
「ちゃんと居場所があるんだよ」
「君は大切な存在なんだ」

と普段から伝えることがとても大切だと思います。

「どうせ話してもちゃんととりあってくれないんだ」
と、どんどん共感力を失う言葉を発したり、そんな態度をとっていないか、振り返ってみることも大切だと思いました。