勇気を出して思いを伝える

亡くなった人に思いを伝える画像1



私の講演では多くの場合、両親に「ありがとう」を伝えたエピソードをお話します。

母には、「産んでくれてありがとう」を

父には、「育ててくれてありがとう」を伝えたというエピソードです。

そして、当時は返事もかえしてくれないほど心を閉ざしていた妻には

「いてくれてありがとう」を伝えました。



講演が終わってから何人かの人が

「勇気を出して伝えてみます」

と言ってくれたり、アンケートで

「すぐには言えないかもしれませんが、きっと言葉にして伝えたいと思います」

と書いてくれる人もたくさんいます。

伝えたいのにもういない

亡くなった人に思いを伝える画像2


伝えたくても、すでに両親とも他界していないという人もいます。

何人かの人は、お墓参りをして、言葉にして伝えたそうです。

生前は、父親と折り合いが悪く、亡くなる前の病床でも何も話さなかった人が、お墓に向かっていろいろ話して、ありがとうを伝えたそうです。

それだけでも気持ちがとても楽になった、と語っていました。


亡くなったお母さんに手紙を書いた人もいました。

お母さんに言いたかったのに言えなかった「ありがとう」を、便箋に書いて仏壇に捧げたそうです。

心の中が、しみじみとさみしさと暖かさでいっぱいになったそうです。



連れ合いを亡くされた男性は、生前の奥さんにちゃんと優しくしてあげられなかったことを悔いて、手記を書かれました。

その中には、もっとしてあげたかったことや、感謝の言葉がしるされていました。

書くことで気持ちに整理がついて、奥さんに感謝しながら前を向くことができたそうです。

つらくて仕方ないときには手紙を書いてみよう

亡くなった人に思いを伝える画像3


成人して、いい大人になっても、大声をあげて泣きたいこともあります。

誰にも言えないことや、言いたくないこともあります。

そんなときには自然に、お墓や仏壇や、あるいは空を見上げて、大切だった人に話しかけてみたくなります。

「こんなに苦しいんだ」

「こんなにつらいんだ」

心の中で話しかけてみると、亡くなった人が心の奥の方で生きていることがわかります。

つらくなって帰る実家がなくなっても、心の中の大切な人に話しかけることはできます。

「そうかい、そりゃたいへんだったね」

「なんにしても、無理はしちゃいけないよ」

そんな声が聞こえてくる気がします。



ある人は、つらくても誰にも打ち明けられないときには、亡くなったお母さんに手紙を書くそうです。

お母さんが生きているとき以上に、正直につらい思いを書くそうです。

書いたあとには、気持ちが楽になって優しい気持ちになれるのだと言っていました。

つらくてどうしようもないときには、大切な存在に長い手紙を書いてみましょう。