誘いを断りたいのに断れない自分

大切なものを守る自分軸画像1



「おい、今晩ちょっとつき合えよ」

「さあ、金曜日は我が課でリフレッシュするためにビアガーデンに集合だ!」

なんて声が事務所に響くと、気づかれないように深〜いため息をつく人は、あなただけではありません。

周囲の空気を読むがために、自分の意思を通すことができない、なんて場面はよくあります。

「割り勘で飲みながら、あんたらの説教や愚痴を延々と聞くなんてお断りですよ!」

と、正直に言える人は、そうめったにいるものではありません。


楽しい雰囲気の職場で、飲み会も楽しい、なんてレアなケースは除いて、です。

それに、そもそもお酒の席そのものが嫌いだ、という人もいるでしょう。

しかし、断ったことで
「なんだつき合い悪い奴だなあ」と、職場で浮いた存在になるのも嫌だ。

なんてことで、本当は早く家に帰って家族の顔が見たいのに、本音をぐっと押し殺して居酒屋ののれんをくぐる人がほとんどなんじゃないでしょうか。

飲み会だけではなくて、友だちや知人から頼み事をされたら、ほんとは忙しいのに、相手の頼みを優先してしまって、引き受けてしまってから後悔したり、ぼやいたりなんて人も多いと思います。


日本人はどうしてもそんなふうに、自分軸より他人軸で動いてしまいがちです。

断ることは、本当に悪いことだろうか?

大切なものを守る自分軸画像2



自分の気持を優先すると、わがままではないか
他人の気持ちがわからない人間なのではないか

なんて後ろめたく思ってしまいます。

でも、いつも他人軸で動いていると、心のバランスを大きく崩してしまうことになるかもしれません。

そうならないためにも、自分軸というものを一度じっくり考えてみる必要があるかもしれません。

断ることは、本当に悪いことだろうか?

自分を優先することが、本当にわがままなことなのだろうか? と。

もちろん、なんでもかんでも自分優先に、ということではなく、個別に考えていかなくてはなりませんが。

本当に大切なものを失わいないために

大切なものを守る自分軸画像3



妻がうつになったとき、私は自分自身の責任について考えました。


「夫婦といえどそれぞれ別の独立した存在で、本来それぞれの問題である」

という考え方もあるかもしれません。

しかし、そんな一般論なんて、パートナーが実際に重い心の病気になれば吹っ飛んでしまいます。

妻の病気を機に、いかに自分が他人軸で動いていたのか、気づかざるを得ませんでした。

隔日勤務で一日おきに家にいないという消防士生活で、非番の日も訓練があったり、招集があったりという生活の中で、頻繁に飲み会もありました。

あの頃、本当に自分にとって何が大切なのかが分かっていたら

「あいつ、つき合い悪いな」

くらいの陰口なんてなんでもないことでした。


脱サラしてフリーになり、妻が元気になった今でも、夕食の時間や休日の時間を一緒に過ごしています。

つき合いがいいという評価より、家族の時間を優先すべきだと判断してからは、後ろめたさも何もありません。

それはひとつの例ですが、人は自分でも気づかないうちに、自分の大切なものや時間の多くを他に譲って生きています。

そのことを思い知ってから、他人軸で動いていたことを、もう一度じっくり考え直すようにしました。



「自分軸」というと、何か、手の届かない高尚なもの、と感じられるかもしれませんが、もっとシンプルに考えてみていいと思います。

大切なものを守るために
大切なものを失わないために

少しずつ自分軸で考え、動くようにしていきたいものです。



7日間無料メール講座
「幸せのための心の応急手当」
    ↓
登録はこちら